東京マラソン2017 PART2

最近、マラソンを走る時は、朝食に餅を食べるようにしています。
東京マラソンでも同じくフロントに餅を預け電子レンジでチンしてもらいました。
どこのホテルか忘れましたが、何分ほどすればよいですか?
質問され、柔らかくなればいいと言う返事をしてしまい。
チンが上がって、フロントのお兄さんは、近づいてくると、かなり恐縮した表情になっていました。
ずっとレンジで確認していてくれてた様すで、一気に溶けて2個が1個へと変身していました。(*`艸´)ウシシシ
別段食べれないわけでもないし、固いよりは、断然食べれますし、特に問題は、有りませんでした。大丈夫ありがとうと言って立ち去りました。
変な客だと思われたかもしれないな~ 確かに変だけど!!
けっこう験担ぎのところが有るので、一度思い込むと修正するのに時間がかかってしまいます。

朝食を済ませ、準備万端、スタート場所に向かう(新宿GATE1)、
流石に大都会、電車に乗ってもマラソンランナーの袋を持った人が少ない。新宿に到着するとたくさんのマラソンランナーが現れました。

手荷物を預け整列のポイントに並びに行こうと場内アナウンスで向かう指定される場所が、見つからずに、同じ地点に向かうランナーとおかしいねと言う話で、皆を先導して移動しました。
年をとると言う事は、良い事ですね!!若い時は、人に話しかけるのが嫌でしたが、最近は、平気になってきました。
話が長くなって来てると言う事かも知れません。(* ´艸`)クスクス

     

2018年、東京マラソンも最高の結果で、終わりましたね!!
設楽悠太君が、日本新記録を出しての終了でした。
昨日は、外で温室の増築していて、妻が、時折、実況をしてくれました。
実は、ビデオ録画をしていたのですが・・・・
結果がすぐに分り良かった。((´∀`*))ヶラヶラ
後からゆっくりと鑑賞しました。
実に、素晴らしい走りでしたね!
おっさんも頑張らないといけませんね!ファイト一発!!

今年の大阪マラソン2018では、記録更新を果たします。

「宣言します!!」
まだ、応募にもなっていませんし、当選もしていませんが・・・(´;ω;`)

間が空いて書くことを忘れていました。
ふと一年前を思い出して、記憶に残っている事を、続けて書き加えていきます。

最近、2015年の神戸マラソンで、サブフォを達成して以来、スタート順が、前の方からのスタートになれます。
今回も、スタートゲートの見える位置からのスタートになりました。
まったくの土地勘が無い状況でのコースは、どこを見ても新鮮ですね!
緩やかな下りコースで始まり、ペースがどんどん上がっていきました。
無理をしないように気を付け、調子に乗らないように慎重に走って行きました。
初めて走った大阪マラソンでは、ジグザグと人の間をすり抜けて走って行き、途中でばててしまい失敗をした。次の大会からは、その経験を活かし無理な追い越しはやめました。今は、ペースの速い人の位置で走ると前がどんどん先に、進んで行くので気持ちよく走る事が出来ます。今回も、いつもと同じく位置関係を理解していないので、まったくと言って場所が分らない。(* ´艸`)クスクス
妻との再会ポイントは、場所では無く、何キロ地点に代わってきています。頭の中で場所のイメージが出来ない、走っている最中は、あと何キロで終了。
後半は、ひたすらその事と、何時、足を止めて歩こうかと考えている。

今回より、コース変更があり皇居に並行する石畳の道路を走行する。前回大会までは、佃大橋を上がって進み最後ビックサイトに到着。
東京マラソンで最大の歓声の中、ゴールに向かって進んで行くと、後方から、大きな声が聞こえてきました。まだ大丈夫、3時間30分、まだまだいける。皆で頑張ろうと励ましの言葉!
ペースメーカーさんが、声を張り上げて皆に気合注入してくれました。足は、ボロボロ、でも踏ん張るしかない!!
その激励と声援に後押しされ、最後の力を振り絞って
「ゴール!!」

記録更新しました。
声援ありがとうございます。

ゴールした後、更衣場所まで移動する距離は、今まで参加した中でも、1番遠い距離だったと思います。途中何度も、ボランティアさんが「後もう少しです。」と言うお声かけをいただきました。でも中々到着しませんでした。
長い道のりを歩いて帰ってきたかいが有りました。
荷物引き取り場所で、また一段と大きな声で「おめでとうございます。」と拍手。
ゴールの人が少ないこともあり、とっても恥ずかしかったが、大変うれし気分で終了した。はしめて、無料のマッサージをしてもらい、体の疲れも抜けたと思います。

つづく

まだ話、あるんかい!(*`艸´)ウシシシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 − 2 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください