高気密・高断熱の家

前回の続きです。
活字ばかりでスタートします。
飽きずに読んで頂けると幸いです。😀

高気密・高断熱の家との出会い。
エアコン2台で過ごせる家、半信半疑の中、説明を聞く。
この時点では、まだ、工務店(一級建築士さん)でやってもらう予定でした。
しかし、翌日に電話があり、現地確認したいので行っていいですか?と言う事で、訪問の日時を約束をしました。😳
一緒に測量もするという事でした。(費用は無料です)仕事が早いのか?😀

大がかりの測量が終わり、週一の住宅公園通いが始まりました。

同時に家の構造についても、色々調べることにしました。
まず、目に飛び込んできたのが、SE工法でした。
SE工法の特徴は大空間、体育館をイメージすると良いと言われました。そんなに大きな空間は、必要ないですけどね!
SE工法を検討したのは、2社で、そのうち1社は、社長自ら営業をされているようで、かなり熱弁されていました。
実際に知識は、豊富で色んな事にチャレンジされていました。
最初は、かなり引き込まれてしまい、セミナーやオーナー様の家訪問の申し込みをしました。どれも1カ月ほど先の予定だったので、実際にオーナー様のお宅訪問した時には、お断りする予定でした。セミナーの断りました。

なぜ断ったかと言うと、天邪鬼だからです。(* ´艸`)クスクス
SE工法、最高、一番と言われたからです。その他の工法は、あり得ない。誰しも自分がやっている事が一番。でも絶対は、あり得ない。
この様な言葉は、言っていませんよ~
私は、2番が好き( ^ω^)・・・
2番じゃないですが車は日産((´∀`))ケラケラ
1番の所には、免許取って三十〇年、店に入ったことも有りません。😀

デザインやコンセプトを気に入ると最高の家が建てれるかもしれません。
ただ、私たちの考える家づくりでは無かった気がします。

もう一社は、SE工法だけではなく、在来工法とかもせれていました。営業担当の方とに打合せは、一度だけ話をしたのですが、会社のコンセプト説明で終了しました。
完成見学会には、参加させて頂きました。
しかし、私たちの考える住宅には程遠い感じがしました。

二社共に、設計に入る前にお断りしました。
まあ、設計に入る前に、設計料必要だったので、逆にやる気が無ければ断りやすいですけど・・・私が断ったわけではありませんが・・・(´;ω;`)ウゥゥ

次回は、カタログはステキ~

つづく

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − 12 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください