大会1カ月前の35km持久走!!

神戸マラソン2017(11/19)、大阪マラソン2017(11/26)に向けて最終の35kmを走りました。目標距離35kmに対して、33kmで終了しました。
本日のコースは、自宅→南千里→千里中央→北千里→万博外周→彩都→箕面駅→ロマンチック街道→服部緑地→関西大学を少し超えたところで終了。途中何か所かで、写真を撮りました。だんだんと冬景色に変化していってます。

北千里駅周辺、本当は、反対向いて走っているのですが、逆光なので、こちら向きに撮影しました。線路と並行に走る直線道路は、約1.5kmぐらいかな?実際の距離は、わかりません。この辺りで9kmのポイントです。もうすぐ万博外周道路に上がって行きます。万博外周道路は、1週約5kmで、距離が分かりやすいのですが、横断歩道に信号が無いところがあり、結構走りにくいので、あえて走らず通過するように走っていきます。20kmのポイントとなる箕面公園(サルがいる滝)向きの道路は、通行止めになってました。先々週の台風による影響ですかね?

服部緑地公園、近所なのですが、あまり行くことがないのでよくわかりません。11/5は、マラソン大会がかいさいされる予定と看板がありました。植木市も11/5まで開催されているようです。

 

 

今までランニング中、足を止めて写真を撮ることなどなかったのですが、初めてやってみました。いつもペースを考えてり、長く立ち止まる罪悪感があり、出来なかった。今度からは、少し心に余裕をもって日々楽しく、練習を行っていきたい。( ´艸`)

写真を撮りながら、ベンチに座って1枚パシャ、本日のスタイルです。久しぶりにタイツ(CW-X)を履きました。CW-Xは、マラソン初チャレンジから約8年使用してきました。少し痛みはありますが、使用するのに支障は、ありません。なかなか破れないのが、何点ですね。何故なら、新しいタイプが買えないからです。買ったらいいじゃないかと思われるかもしれませんが、根っからの貧乏性で、まだ使えるものを捨てるのは、自分の中で禁止事項なのです。

服部緑地を出て、豊津駅に向かう途中、迷子になって余分に時間と距離がかかってしまった。何時もの事だが、道をショートカットしたいと考えて、行き止まりになったり、行きたい道に接道していなかったりと散々な目にあいます。今回もこの事で心が折れてしまい、目標の距離を達成できなかった。( ;∀;)

以前に本で読んだことがあるのですが、マラソンやランニングを走りながらいつも考えることは、言い訳を探しながら走っている。何に対する言い訳、それは、「立ち止まる」「歩く」言い訳を考えながら走っている。目標に対し達成できないという罪悪感がそうさせている。マラソンでもよく言われるのが、『やめる勇気』。
私は、結構その勇気があったせいか、ケガもなくやってこれたと思います。確かに自分を追い詰めないと記録更新は出来ない、しかし、体を壊すほど練習をすると、マラソン大会に出場できなくなってっしまう。無理は禁物、身の丈に合った練習で記録更新を達成する。
などと言う、ただの言い訳魔かもしれませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × one =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください